• ホーム
  • 梅毒に効果のある治療薬は通販でも購入できる?

梅毒に効果のある治療薬は通販でも購入できる?

黄色の錠剤

梅毒に感染して3年以内(第1期と第2期)であれば、治療薬(飲み薬)を服用して完治させることができます。梅毒治療の際は抗菌薬(抗生物質)が使用され、医療機関を受診する場合にはサワシリン(Sawacillin)という治療薬が処方されます。

サワシリンの有効成分はアモキシシリンで、これは合成ペニシリンの一種です。ちなみにサワシリンは耳鼻科や歯科などでも処方される場合があり、幅広く使用される抗菌剤です。サワシリンには服用期間制限が設けられていないため、継続的な服用が可能です。

サワシリンはカプセル錠(250mg錠)で、1回1錠を1日3回服用します。梅毒の治療期間は、第1期で2~4週間で第2期であれば4~8週間です。第1期と第2期であれば飲み薬だけで完治させることが可能ですが、治療期間中は継続的な服用が大切です。もしも途中で服用を中止すると再発の恐れがあるので、最後まで薬を飲み続けなければなりません。

アモキシシリンにはいくつかの副作用が報告されており、サワシリンの添付文書によると主な副作用として下痢・軟便・食欲不振などの消化器系の症状や、発疹・眩暈・ASTやALT上昇などが挙げられています。ペニシリン系の抗生物質はアレルギー反応を起こしやすいので、服用する際はペニシリンアレルギーにも注意が必要です。

日本国内ではアモキシシリンは医療用医薬品(処方箋薬)に指定されているため、医師の処方箋がないと購入することができません。国内の医療機関を受診すると、先発薬のサワシリンが処方されるケースが多いです。

サワシリンは一般向けに販売されていないため、基本的に医療機関を受診しなければ入手することができません。海外から個人輸入すれば、病院で受診しなくても購入することができます。自分で使用する目的であれば海外から処方箋薬を個人輸入することは違法行為ではなく、医薬品を専門に扱うネット通販サイトを利用して購入する方法があります。

医薬品の個人輸入代行サービスを行うネット通販サイトでは抗生物質が扱われていて、先発薬のサワシリンやアモキシシリンを有効成分とするジェネリック医薬品を購入することができます。ノバモックスという薬はサワシリンジェネリックのひとつで、サワシリンと同量のアモキシシリンが有効成分として配合されています。サワシリンジェネリックのノバモックスの服用方法や効果・副作用はサワシリンと同じですが、先発薬よりも安い価格で販売されています。ノバモックスは日本国内では薬事承認されていませんが、自分で使用する目的で個人輸入で入手することは違法行為には該当しません。

医薬品を個人輸入して自分で服用する場合には健康保険が適用されないため、自費で負担しなければなりません。それでも診察料が不要で安価なジェネリック医薬品を選択できるので、安い費用で治療をすることができます。梅毒治療は治療薬の継続的な服用が求められるので、通販サイトで購入する場合にはサワシリンよりも安い費用で入手できるノバモックスを選択した方が良いでしょう。ノバモックスには1錠中に含まれる有効成分の量が125mg・250mg・500mgの3種類がありますが、梅毒治療に使用する場合は125mgまたは250mg錠を使用します。

関連記事
実は歴史がある性病の梅毒 2019年11月15日

性病というと現代人の病気というイメージが強く、新しい病気に思われるケースが多いようです。性病の中には19世紀後半~20世紀に発見されたものがあり、例えばエイズは1980年代に確認された新しい病気です。これに対して梅毒は歴史が古く、大航海時代のヨーロッパで既に知られていた伝染病のひとつです。中世のヨー...

梅毒にかかると感染率が上がるHIV感染症とは 2019年12月01日

エイズも梅毒と同じように死に至る恐ろしい伝染病ですが、感染力が弱いという特徴があります。健康な状態であれば、1回の性交で感染する確率は1%かそれ以下です。梅毒にかかるとエイズの病原体であるヒト免疫不全ウイルスに感染しやすくなることが知られていて、両方の病原体に重複感染をするケースは少なくありません。...

キスだけでも感染する!梅毒の原因と症状 2019年10月12日

梅毒の原因は、梅毒トレポネーマと呼ばれる病原菌に感染症して体内の臓器や神経を侵すことで症状を発症します。病原菌は血液や性分泌液に多く含まれるので、性行為の際に粘膜の傷口などから侵入して感染をします。性行為以外にも、汚染された血液(輸血)や母子感染によっても他の人に伝染をすることがあります。梅毒は他の...

梅毒の検査はどこで出来るの? 2019年09月29日

梅毒の病原体は梅毒トレポネーマと呼ばれる細菌で、細長くてコイルのようにらせん状に巻いたスピロヘータと呼ばれる種類の細菌の一種です。ヒトに対して病原性の低いスピロヘータも存在しており、口内などに棲みついていることが知られています。病原体に感染しているかどうかを知るためには、血液検査を受ける必要がありま...