• ホーム
  • 実は歴史がある性病の梅毒

実は歴史がある性病の梅毒

葉の上にある黄色のカプセル

性病というと現代人の病気というイメージが強く、新しい病気に思われるケースが多いようです。性病の中には19世紀後半~20世紀に発見されたものがあり、例えばエイズは1980年代に確認された新しい病気です。これに対して梅毒は歴史が古く、大航海時代のヨーロッパで既に知られていた伝染病のひとつです。

中世のヨーロッパに梅毒と思われる病気が流行した記録があり、最古の記録は1495年にイタリア・ナポリに侵攻したフランス兵の間で発生しました。この病気は短い間にヨーロッパ中に蔓延し、イタリアでは“フランス病”と呼ばれ、フランスでは“イタリア病”、トルコでは“キリスト教徒の病”などように呼ばれました。この当時からこの病気は性交渉によって伝染をすることが知られており、患者に対する偏見や差別が存在していました。

日本国内で梅毒が確認された最古の記録は1512年で、中国大陸を経由して国内に伝わったと見られています。日本最古の記録は、1512年に歌人・三条西実隆が唐瘡(からがさ)と呼ばれる病気についての歌を詠んだものです。この病気は日本国内でも蔓延し、加藤清正・結城秀康(徳川秀忠の兄)・前田利長・浅野幸長などの戦国武将も発病したと見られています。身分の高い戦国武将にも感染したほどなので、戦国時代には既に一般庶民の間でも流行していたことが推察されます。

江戸時代になると吉原などの遊郭を中心に一般庶民の間で大流行し、有効な治療薬であるペニシリン系抗生物質が普及する1940年後半までの間に多くの人命が失われました。ちなみに種子島に鉄砲が伝来したのは1543年で、歴史的には性病の方が鉄砲よりも先に日本に伝わったことになります。このことにちなんで、江戸時代の吉原では最下級の遊女のことを“鉄砲”という隠語で呼ぶ習慣がありました。

1940年代にペニシリン系の治療薬が発売されるまでは、梅毒に有効な治療薬はほとんどありませんでした。それでも中世のヨーロッパでは、水銀を用いた治療法が存在しました。水銀の蒸気を吸入するほか、皮膚に塗布したり水銀塩を服用するなどの方法で治療が行われていました。この治療法はほとんど効果がないばかりか、患者は水銀の中毒症状に苦しむことになりました。それでも当時は、水銀の中毒症状が重いほど梅毒に効くと考えられていました。

梅毒の起源として、先コロンブス説とコロンブス説が考えられています。コロンブス説とは、コロンブスが新大陸を発見した時に同行した兵士によりヨーロッパに持ち込まれたという説です。1495年にイタリアに侵攻した兵士の中にはコロンブスと同行した人も含まれていますし、新大陸発見よりも前には梅毒が流行した記録が存在しないことは、コロンブス説を支持しています。

先コロンブス説とは、アメリカ大陸が発見されるよりも以前に既にヨーロッパに梅毒が存在していたという説です。先コロンブス説の根拠のひとつとして、コロンブス以前の時代の墓から変形した骨が発掘されています。ただしハンセン病でも骨が変形する場合があるので、梅毒の影響であると断定することはできません。

関連記事
梅毒にかかると感染率が上がるHIV感染症とは 2019年12月01日

エイズも梅毒と同じように死に至る恐ろしい伝染病ですが、感染力が弱いという特徴があります。健康な状態であれば、1回の性交で感染する確率は1%かそれ以下です。梅毒にかかるとエイズの病原体であるヒト免疫不全ウイルスに感染しやすくなることが知られていて、両方の病原体に重複感染をするケースは少なくありません。...

梅毒に効果のある治療薬は通販でも購入できる? 2019年10月27日

梅毒に感染して3年以内(第1期と第2期)であれば、治療薬(飲み薬)を服用して完治させることができます。梅毒治療の際は抗菌薬(抗生物質)が使用され、医療機関を受診する場合にはサワシリン(Sawacillin)という治療薬が処方されます。サワシリンの有効成分はアモキシシリンで、これは合成ペニシリンの一種...

キスだけでも感染する!梅毒の原因と症状 2019年10月12日

梅毒の原因は、梅毒トレポネーマと呼ばれる病原菌に感染症して体内の臓器や神経を侵すことで症状を発症します。病原菌は血液や性分泌液に多く含まれるので、性行為の際に粘膜の傷口などから侵入して感染をします。性行為以外にも、汚染された血液(輸血)や母子感染によっても他の人に伝染をすることがあります。梅毒は他の...

梅毒の検査はどこで出来るの? 2019年09月29日

梅毒の病原体は梅毒トレポネーマと呼ばれる細菌で、細長くてコイルのようにらせん状に巻いたスピロヘータと呼ばれる種類の細菌の一種です。ヒトに対して病原性の低いスピロヘータも存在しており、口内などに棲みついていることが知られています。病原体に感染しているかどうかを知るためには、血液検査を受ける必要がありま...